熱狂の日の音楽祭 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンって

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

ゴールデンウィークに、東京で「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭」というのが開催されるそうで、
とても気になってしまいました。
「ラ・フォル・ジュルネ」とは、熱狂の日という意味のフランス語で、
フランスのナントで同じ名前のイベントが行われており、それの日本版として、2005年からスタートしました。
クラシック音楽をメインとした音楽のお祭りで、1日中音楽を楽しめる、とても素敵なイベントです。

スポンサードリンク

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンって?

このお祭りには、一流のクラシック音楽を、安く提供することで、
クラシックを聞く人を増やそう、というコンセプトがあるそうです。
そのため、子どもも入場可能な、家族連れで演奏を楽しめる公演もあり、
子どもが生まれてからクラシックを聞く機会が減ってしまった方や、
子どもに音楽という素晴らしい文化を触れさせてあげたいというパパ・ママにも注目されています!

スポンサードリンク

国際フォーラム 音楽祭のチケットは?

有料の公演は、有楽町や銀座、東京駅から近い、「国際フォーラム」内の各ホールで開催されます。
700円から3000円くらいという驚きの安さで、一流の演奏が聞けるなんてすごいです!
他にも、丸の内などで、無料の演奏会も開かれ、アマチュア演奏家ばかりではなく、プロの演奏家による音楽も聞けます。
子どもが対象の演奏会や、映画の上映、講習会なども行われますし、
国際フォーラムの庭などには、飲食を楽しめる屋台なども出るので、家族で楽しめそうです!
また、託児サービスも有料ですがあるので、もしどうしても聞きたい公演が、年齢制限がある等の場合は、
予約をして利用するといいですね。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン熱狂の日2015のテーマとお得情報

今年のテーマは「PASSIONS(パシオン)恋と祈りといのちの音楽」
PASSIONSを「祈りのパシオン」「恋のパシオン」「いのちのパシオン」の3つの切り口からとりあげたというプログラムなんだそう。
赤ちゃんとパパ・ママたちが一緒に楽しめる「0歳からのコンサート」は今年もあります
また、今年新たに設けられた「U-25割引」。25歳以下の方は、当日に残席のある公演のみ、当日券を半額で購入できるんです

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ