堺まつり 海上自衛隊やふとん太鼓がみもの

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

ママ友が今度「堺まつり」に行くと言っています。
お祭り大好きな私ですが、関西の方はあまり行かないので「堺まつり」については知りませんでした。
そこで、堺まつりについて、どんなお祭りなのか、お祭りの見どころなど詳しく調べてみたいです。

スポンサードリンク

堺まつりって

堺まつりは、大小路筋という堺のメインストリートをメインに行われる大規模なイベントで、
市民会館で行われる漫才や郷土芸能などによる「前夜祭」、大小路筋で行われる1㎞にもわたる「大パレード」、
大仙公園内と南宗寺で行われる「大茶会」、そしてザビエル公園内で行われる食のイベント「なんばん市」といった内容です。
2015年は10月17日と18日の土日に行われ、午前10時から夜8時までとなっています。
この時間の間、ザビエル公園でのなんばん市はずっと行われています。

スポンサードリンク

堺まつりの見どころ

一番の見どころは、大パレードです。例年、日曜日の午前11時から午後3時半ごろまで行われているので、2015年もこの日程で行われると思われます。
昨年は、総踊りや海上自衛隊舞鶴音楽隊、なんばん衣装行列などが行われました。
なんと、パレードに参加するメンバーも1万人ほどいるとのことで、かなりの規模のパレードです。
間近で見る大パレードは迫力があり、お祭り気分もすごく盛り上がりますよ。
鎧を身に付けた火縄銃隊が祝砲を上げたり、古代の衣装が見られたりと、バラエティーも豊かです。

ふとん太鼓は堺まつりの見どころ

ちなみに、大パレードのフィナーレに「ふとん太鼓」というものが催されます。
これはお祭りの山車のひとつで、巨大なふとんを積み上げた山車を数十人もの男性たちが担ぎます。
なんと江戸時代から歴史のあるものだそうですよ。
しかも、昨年はふとん太鼓は10基も登場し、勇壮なかけ声を上げながら迫力満点にパレードを行ったそうです。
ぜひその場でその迫力を味わってみたいですね。
堺まつりの大パレードはぜひママ友に見てきてもらいたいです♪

まとめ

堺まつりは、10月の土日に行われる、ちょっとユニークで、でも歴史も長い大きなお祭りなんですね!
大パレードは特に見逃せない内容なので、私もいつか現地へ見に行きたいなと思います♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ