三室戸寺 ハートの紫陽花の見頃と平等院へのアクセス

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

三室戸寺の紫陽花と2014に色鮮やかになった平等院を見たくて友達と宇治に
三室戸寺は1万株の色とりどりのあじさいが杉木立の間に咲き素晴らしい景観でした
なんでも50種・1万株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花等が咲き乱れてたようです。
残念ながら、お天気続きの暑い日だったので雨上がりの紫陽花の鮮やかさはなかったですが。。。

スポンサードリンク

宇治のあじさいと平等院を楽しむなら

宇治は京都といっても少しハズレになるので、なかなか行けないスポットでもあります
平等院は藤の時もおすすめですが、今の時期には蓮の花もありがたく咲いていました
三室戸寺はつつじ園もすごく有名です。私も一度行きましたが、紫陽花よりツツジの方がおすすめかもと思いました
5月は新緑も綺麗ですしね

三室戸寺の紫陽花の見ごろは

三室戸寺の紫陽花の開花時期は6月中旬~7月上旬です。
私が訪れたのは6月25日紫陽花はまだまだ見ごろですし、蓮の花も咲いてて素敵です
蓮の花は7月~8月が見ごろとのことなのでまたその頃に再訪したいと思いました。
紫陽花の見頃に合わせてあじさい園ではライトアップを行っています。
2015の場合、6月13日(土) – 6月28日(日)の間の土・日曜日のみ
時間:19時 – 21時(20時30分受付終了)
昼間の紫陽花ももちろん必見ですが、ライトアップもまた違った景観を楽しめるのでおすすめです。
※19時以前の入場の場合は、再入場になります

三室戸寺って

西国三十三カ所観音霊場十番札所
開創 宝亀元年 (770年)
京都市宇治市菟道滋賀谷21 TEL.0774-21-2067
拝観料 500円 御朱印300円
拝観時間 8:30~16:30 (4月1日~10月31日) 8:30~16:00 (11月1日~3月31日)

勝運を授けてくれる宝勝牛・卵を立たすことができると願いが叶うと言われている福徳兎・お金が返ってくる朝鮮鐘の龍頭と、三室戸寺に訪れた時は、これら3つのご利益を授かっておきたいですね。
お寺にいる間鐘の音を聞けてさらに風情を感じます。結構みんな鳴らしているので鐘も鳴らしに行くと100円?でした。これはちょっと???でしたが

スポンサードリンク

10:15のバスで行って、11:05分に乗って帰ってきましたが、紫陽花も境内もゆっくり楽しめました
写真が趣味の方はもう少しかかるかもしれません

三室戸寺へのアクセスは

京阪 三室戸駅下車、東へ徒歩15分ですが
紫陽花やつつじの見頃にはJR宇治駅・京阪宇治駅を経由しての臨時バスがあります
私たちが利用した臨時バスあじさい号は
【運行期間】平成27年6月1日~6月30日
【バスのりば】 
・京阪宇治駅:ロータリー3番のりば(宇治川側)から発車
・JR宇治駅:道路側の2番のりばから発車
【運賃】大人210円  小人110円
※バス時刻表はこちら
※臨時バスあじさい号の最終便が15時台なので、ライトアップ時間のアクセスは徒歩か自家用車かタクシーのみになります
※臨時バスつつじ号は平成27年4月29日(水/祝)~5月6日(水/振替休日)に運行でした



三室戸寺へのアクセス 自動車

京滋バイパス宇治東ICより3分
※大阪方面よりは京滋バイパス宇治西ICを利用して下さい。
【駐車場】
収容台数: 300台(有料)
乗用車: 500円
バス: 2000円

紫陽花を楽しんで、平等院を拝観に宇治駅まであじさい号でもどりました
⇒平等院についてはこちら
⇒宇治平等院のランチならはこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ