余市 ウイスキー工場は小樽観光のついでにオススメです

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

北海道スキー旅行に1日自由観光日をプラスして余市のウイスキー工場に立ち寄ることにしました
マッサンを毎朝見ていて気になってたニッカウヰスキー余市蒸溜所。なんでも、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の行ってよかった工場見学&社会科見学2014において、第1位に選ばれているのです
また登録有形文化財(建造物)として認定されました
アクセスもよく、小樽からだと30分程、JR札幌からでも約1時間強です
余市駅から歩いて約2~3分です
マッサン人気はすごくて、見学の人数も以前より多いようです

スポンサードリンク

余市のウイスキー工場の工場見学

余市蒸溜所は、案内係によるガイド付き見学と、自由にまわれるフリー見学があります。
ガイド付き蒸溜所見学なら、案内係がウイスキーの製造工程やニッカウヰスキーの歴史などを紹介してくれます
見学案内時間 午前9:00~12:00、午後13:00~15:30
9時から始まり約30分毎に見学の案内をしてくれます(12:30はありません)
見学所要時間 約70分(見学、酒類の試飲等)
フリーの蒸溜所見学は、予約は不要です。午前9:00~17:00
土日などは予約が早くにいっぱいになるので、予定が決まったら予約しておきましょう
⇒余市のウイスキー工場の工場見学の予約はこちら

ニッカウヰスキー余市蒸留所の見学は

余市蒸溜所 正門
蒸溜棟
貯蔵庫
旧事務所
旧竹鶴邸:創業者竹鶴政孝氏が夫人リタとともに使用してい住居を平成14年12月に工場内に移築、復元し、玄関ホールと庭園を一般公開
余市原酒直売所
ウイスキー博物館
ニッカ会館(ウイスキーの試飲)

登録有形文化財に認定された建造物は

事務所棟・貯蔵庫・リキュール工場・第一乾燥塔・第二乾燥塔・蒸溜棟・研究室・旧竹鶴邸・第一貯蔵庫の建造物9棟です
建物は歴史を感じる雰囲気のあり、当時の熱意が伝わってきます。

スポンサードリンク

余市のウイスキー工場へのアクセスと所要時間

住所:北海道余市郡余市町黒川町7-6

札幌から国道5号線を西に約50km、積丹半島の付け根にあります

新千歳空港(約120km):約2時間30分
札幌市内高速(約59km):約1時間30分
小樽市内(約20km):約30分
岩内方面:約1時間~1時間30分
積丹方面:約40分~1時間

電車
JR余市駅から歩いて約2~3分です。ただし、小樽から余市までの列車本数はあまり多くありませんのでご注意を!!

JR新千歳空港駅からJR余市駅まで:約1時間半強
JR札幌駅からJR余市駅まで :約1時間強
JR小樽駅からJR余市駅まで :約30分

バス
小樽駅前バスターミナルから、バスが約10~20分おきぐらいに出ています。(所要時間約35分)
倶知安/岩内/美国/余別/余市梅川車庫行き
余市駅前下車

余市 ウイスキー工場ならマッサンのウイスキーが試飲できます

試飲可能なのが鶴17年・余市10年・アップルワインの三種類を氷、水、炭酸と好きなスタイルでしいできます
烏龍茶、アップルジュースもあります

入場料は無料で、ウィスキーまで無料で試飲までできます
限定販売のウイスキー余市の購入も出来ます。レストランもありました。
ウイスキー博物館内では50種ものウイスキーが試飲(有料)できるし、直売所もあります

試飲のホールの奥には有料おつまみの販売コーナーがあります。ここで売ってるお酒入りのチョコレートや甘納豆はこの試飲会場以外では販売していないみたいなのでお土産で買って帰るなら、ここで買わないと駄目です
・アップルワインチョコレート(6枚入) 210円
・ウイスキーチョコレート(6枚入) 210円
・ブランデーチョコレート(6枚入) 210円
・ミニスモークチーズ(5本入) 300円
・北海道ジャーキー(18g) 310円
・無添加ミックスナッツ(75g) 310円
・ウイスキー甘納豆(40g) 210円
・ブランデー甘納豆(40g) 210円

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ