日立風流物がユネスコに登録って?日立風流物 大祭礼の日程やアクセスは?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

茨城県の「日立風流物」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されていると聞きました。
茨城県なら、住んでいる場所からもそう遠くないので気軽に行けそうだし、
ちょうど「日立さくらまつり」の行われる時期に披露されるそうなので、お花見と合わせて、是非鑑賞しに行こうと思っています。
なんと、この「日立風流物」は、江戸時代の中期から始まったものらしく、ますます興味が湧いてきました。

スポンサードリンク

日立風流物 大祭礼って

日立風流物は、宮田地区の鎮守である神峰神社の大祭礼に氏子の人たちが奉納してきた山車です。
日立(宮田)風流物は、1695年(元禄8年)徳川光圀の命により行われた神峰神社大祭礼に山車が繰り出されたことに始まったそうです
「日立風流物」は、高さが15メートルというかなりスケールの大きな山車と、
その山車にある5段の舞台でからくり人形が演じられるのが特徴です。
山車は、国の重要有形民俗文化財となっており、人形の操作などに関しても国の重要無形民俗文化財となっています。
子どもたちに、日本に伝わる素晴らしい伝統行事をぜひ見てもらいたいですね。

日立風流物 2015日程は

日立風流物は、4月中旬ごろの桜の季節に行われます。

スポンサードリンク

2015日程は
4月4日(土)13時、16時、19時
4月5日(日)13時、15時です
日立の桜は、日本さくら名所100選の一つとなっているくらい、とても美しいです。
日立さくらまつりの時期には、市内にあるなんと1万4千本もの桜が満開になり、
そんな景色の広がる「平和通り」に、大きな山車が通る姿はまさに圧巻なのだそう。
からくり人形を操る30人もの人々の他、お囃子を演奏する人々も山車の中に乗り込み、
その大きな大きな山車を、200人もの人が引っ張るとのこと。
期待を裏切らない素晴らしい光景に、心から感動できそうです♪

日立風流物へのアクセスと駐車場

日立市平和通りへのアクセスは日立駅から10分ほどなので
電車で行けば渋滞も避けられるので、電車で行こうと思いますが、駐車場もたくさんあるようです
日立さくらまつりも4月1日(水)から19日(日)まで開催中なので、さくらと山車楽しめますね

JR常磐線  日立駅下車、徒歩10分
常磐自動車道 日立中央インターより10分

駐車場
かねみ公園には駐車場があり、駐車台数も約500台が駐車可能です。
平和通りへは徒歩で10分ほどの距離です
また、臨時駐車場も設置されてます。
詳細は、日立市観光協会HPを覗いてくださいネ♪

⇒周辺の観光スポットをチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ