嵐山の船遊びはいろんなバージョンで楽しめます

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

嵐山は桜も紅葉も見事で京都でも屈指の観光スポットです。嵐山を満喫するには船がおすすめなんです
嵐山の船といっても、保津川下り・屋形船・お祭りや鵜飼の楽しみ・貸しボートといろんな舟遊びが楽しめます
季節も桜・新緑・鵜飼・紅葉・雪化粧と様々な顔を見せてくれます
船遊びを始められたのは醍醐天皇(898年)頃と言われており、昭和3年から車折神社が『三船祭』と称してこれを再現しました。また、夏の風物詩の嵐山の鵜飼は清和天皇(849~880)に宮廷鵜飼が行われたのが始まりで、途中途絶えましたが昭和25年再興されたそうです

スポンサードリンク

嵐山の船は食事もできます

嵐山通船の船にはいろいろありますのでいくつかご紹介します
遊覧船 
所要時間30分 船頭が竿一本で遊覧 
青々とした山中におぼろげに浮かびあがる約1500本ものソメイヨシノや八重桜を、静かな空間で楽しむことができます。遊覧船は木製の和舟で、船頭さんが竿一本で舵を取ってゆったりと案内する昔ながらのスタイル。かつて、平安貴族が「舟遊び」を楽しんだ大堰川の渓谷を悠々と進んでいきます。時代を超えてなお、日本人の心を魅了する舟遊びを一度体感してみてはいかがでしょうか。
乗船料金:貸切船/3500円(2人まで※1人増えるごとに1100円プラス)、乗合船/1100円

食事付き遊覧船
屋形船で食事をしながら嵐峡を満喫。老舗料亭のお弁当、湯豆腐御膳等各種あり
乗船時間:11:00~16:00
要予約(3日前まで)
2名様以上プラン・10名様以上プラン有り

遠足及び修学旅行の学生様限定食事付き遊覧船

スポンサードリンク

鵜飼見学船

7月1日~9月23日
お食事付貸切船(10名様以上)、貸切船もあり

他にも舞台船などいろいろな場面で楽しめます

また、手漕ぎの貸ボート
1時間以内/1,500円(3人乗り)
時間:午前9時~午後4時半(貸出は3時半まで)
冬季は午前9時~午後3時半(貸出は2時半まで)

嵐山には船で行くお茶屋もあるんです
琴ケ瀬茶屋対岸にある茶店です。ボートはタダで貸してくれますが、ゆったり楽しむという感じではないようですが、いい思い出になると思います
⇒詳しくはこちらをチェックしてくださいね

また、星のやもすごく贅沢な宿泊施設で船でホテルに行きます

嵐山の船といえば保津川下りは外せません

春は桜・夏は涼を求めて・秋は紅葉・冬はお座敷暖房船と四季折々の楽しみができます。
亀岡から京都・嵐山まで約2時間で下る川下りです。
営業:9:00~15:30 (冬季:12月上旬~3月9日 ~14:00)
休業:年末年始
大人:4100円 (団体割引は35人から)
子供(4~12才):2700円 (団体割引は35人から)

トロッコ列車に乗って亀岡まで行き、バスで船乗り場まで、季節のいい時は待ち時間も覚悟していってくださいね

⇒嵐山の船以外の楽しみもたくさんです。こちらをチェックしてください

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ