西条の酒まつりは大人も子供も楽しめます。観光スポットもいっぱい

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

酒が大好きな実家の父が、今度みんなで広島の「酒まつり」に行こう、と言っています。
どんなイベントなのか、見どころについてや混雑具合やアクセス方法など、しっかり下調べをしていきたいです。

スポンサードリンク

西条の酒まつりは

明治後半から、銘醸地として成長してきた東広島市では、
毎年秋に「酒まつり」を、JR西条駅周辺を中心に開催しているそうです。 
全国各地の1000種ものお酒を味わえる「酒ひろば」など、様々なイベントで盛り上がります。
ステージでのコンサートやフリーマーケットなども行われ、大人だけではなく子どもも一緒に盛り上がれる、大きなイベントのようですよ。
今年は、10月10日と11日の2日間行われます。土日なので大勢の人が集まりそうですね。
例年、20万人もの人が訪れるそうです。

西条の酒まつりの見どころは

なんといっても見逃せないのが、各地のお酒を味わえる「酒ひろば」。もちろん、酒の「あて」も用意されますし、
今年は食べ物メニューが新しくなるそうで、とても楽しみですね。
酒ひろばへの入場にはチケットが必要で、チケットぴあやローソン、セブンイレブン、楽天チケットなどでも購入可能です。
また、女性だけで担ぐ「姫みこし」や、お囃子に合わせて練り歩く「酒みだればやし」、
早めに予約が必要な「美酒鍋会場」、ライブなどが行われる「五千人の居酒屋会場」(今年は森友嵐士さんが来るそうです)など、
とにかく豊富なイベントがそろっています。

スポンサードリンク

西条の酒まつりへのアクセス

酒まつりは、JR西条駅を中心に行われるので、電車で行っても不便ではないと思います。
でも、我が家はじいじ、ばあばや子ども達も一緒に行くので、できれば車で(お酒を飲まない私が運転して)行きたいのですが、
酒まつり当日はやはり、周辺で交通規制が行われるので注意しなければいけません。
午前9時から午後8時まで交通規制が行われますし、近辺の駐車場もすぐいっぱいになるので、
とにかく早く行くか、駐車場ありの近くの宿を早めに取っておくとよさそうです。
⇒西条には酒蔵通りなど酒好きにはたまらない観光スポットが!!詳しくはこちらをチェック

まとめ

広島で行われる「酒まつり」は、思ったよりもすごく大きなイベントのようですね。
酒の飲み比べはぜひやりたいと家族が言っているので、早めにチケットをゲットしておきたいと思います。
また、美酒鍋もぜひ食べたいので、予約をしっかり取っておきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ