みあれ祭2015の見どころやアクセスは?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

福岡県で、海上で行われるパレードが華やかな「みあれ祭」というお祭りが行われるそうです。
例年、前夜祭の花火大会なども盛り上がるそうで、とても気になるお祭りなので、詳しく内容を調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

みあれ祭って

みあれ祭は、毎年10月1日に行われており、今年は木曜日の開催となります。
毎年10月1日から3日までの3日間にわたって行われる、福岡県宗像市にある宗像大社の秋の大祭
(田島放生会)の幕開けを飾るのが、この「みあれ祭」です。
放生会(ほうじょうえ)とは、五穀豊穣や大漁や海の安全などを願うお祭りで、みあれ祭はその初めを飾る「海上神幸」なのです。
ちなみに、みあれ祭の「みあれ」は、「新しい霊力をいただく」という意味があります。

みあれ祭のみどころ

みあれ祭は、宗像三女神を乗せた船(御座船)をお出迎えするというお祭りで、お供の120もの船団とともに、朝9時半に筑前大島港をスタートします。
そして、約1時間ほど、海上をパレードします。
漁船たちがこれから1年間の海上、陸上の安全や豊漁を祈願するため、御座船にお供していくのですね。
漁船は大漁旗を掲げ、そして水しぶきを上げ、けっこう豪快に海をパレードするそうなので、迫力があり見応えがありますよ。
また、みあれ祭の前夜祭として毎年9月に花火大会も行われているそうです(2015年は台風の影響で残念ながら中止となりました)。

スポンサードリンク

みあれ祭へのアクセス

みあれ祭の船は、まず三女神の一人、市杵島姫神様の神輿を乗せて出発し、福岡県宗像市神湊の向かいの大島の港へ行きます。
そして、三女神がそろってお供の漁船たちと共に、神湊港へ入港します。
神湊港へは、JR東郷駅から車で20分ほどで着きます。ちなみに宗像大社までは駅から車で10分ほどです。
宗像大社では、祭りの期間中、たくさんの露店が並び、多くの人でにぎわうので、ぜひ神社へも参拝し、みあれ祭以外のお祭りも楽しめるといいですね。流鏑馬や舞など、古くから伝わる伝統芸能もたくさん味わえますよ。
⇒みあれ祭のある宗像市は温泉など観光スポットも!!

まとめ

福岡県宗像市で行われる、華やかな海上パレードが見られる「みあれ祭」。
女神様を乗せた船と、大漁旗を掲げたたくさんの漁船たちの姿は、とても見応えがありそうですね。
ぜひこの目で、厳かかつ迫力たっぷりの海上パレードを見てみたいです!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ