ふくろ祭りは神輿もよさこいも!!

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

池袋で「ふくろ祭り」というお祭りが行われると聞き、全く知らなかったので驚きました。
ぜひ家族で行ってみたいので、どんなお祭りなのか、日程や見どころなどを調べて、ふくろ祭りを見に行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

ふくろ祭りって

ふくろ祭りは、前期と後期に分かれて行われるそうで、2015年は前期が9月26日と27日の土日に行われます。
26日が前夜祭、27日が神輿の祭典となるそうです。
後期は10月10日と11日の土日に行われ、10日が踊りの祭典、11日が東京よさこいとなります。
池袋駅西口公園のあたりが舞台となっているので、電車で行ってもアクセスはとても良いですね!
このお祭りは、昭和43年から行われていて、池袋にある商店街が主催しているそうですよ。

ふくろ祭りの見どころ

我が家は子連れなので、子どもが楽しめるイベントがある日にぜひ行きたいなと思います。
まず、9月27日の神輿の祭典は、なんと20もの神輿が登場します。外国人の方が担いでいる神輿もあるとか。
また、神輿と神輿がぶつかり合う、迫力満点の喧嘩祭りなので、特に男の子が喜ぶかも!
やはり、お祭りと言えばお神輿ですし、夜の池袋を勢いよく神輿たちが練り歩く姿は、すごく見応えがあるし、
普段の池袋の様相とはガラッと変わるし、大人もしっかり楽しめそうです♪

スポンサードリンク

ふくろ祭りの後期の見どころ

また、10月に行われる踊りの祭典と、東京よさこいもとても楽しそうです!
踊りの祭典では、「池袋エイサー」という踊りや「かっぱれ」という踊りが見られます。
また、沖縄のエイサーや、フラダンスなども踊るので、ダンスを習っている娘はきっと興味深く見てくれそうです。
太鼓やお囃子が聞けたり、獅子舞も見られるので、お祭り気分も満点!
東京よさこいでは、昨年は111もの団体が参加したとのこと。いろいろなアレンジがされたよさこいが楽しめるそうですよ。
⇒池袋周辺にはまだまだ隠れたスポットがあります

まとめ

池袋のふくろ祭りは、いろいろな見どころがあって、家族連れでもしっかり楽しめそうです!
秋めいて涼しいころだろうし、電車に乗って子ども達と一緒ににぎやかなお祭りに参加し、良い思い出を作りたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ