大覚寺の観月の夕べ の日程と舟の乗るには

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

大覚寺の観月の夕べ は中秋の名月に日本三大名月鑑賞池のひとつである大沢池(おおさわのいけ)に龍頭(りゅうとう)舟、鷁首(げきす)舟などの船を浮かべて観月を楽しむ風雅な催しです
2014年は9月6日(土)~8日(月)でしたが、2015年は9/25(金)~9/27(日)と例年より遅めなんです

スポンサードリンク

大覚寺の観月の夕べは大沢池で

平安時代初期に嵯峨天皇は、嵯峨野に離宮(現在の大覚寺)を造営されました。その際、中国の洞庭湖をモデルに、「庭湖」と呼ばれる日本最古の人工池(林泉)のある庭園をつくられました。
周辺の山の高さ、木々の配置など、池を取り巻く背景が、まるで観月のために用意されているかの様に絶妙な調和を創り上げています。
大覚寺の観月の夕べは嵯峨天皇が大沢池にて、中秋の名月に舟を浮かべ、文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まりました。空と水面に映る月。この2つの月を楽しめます

大覚寺 観月の夕べ 舟に乗るには

観月の夕べの期間中は、様々な催し物が行われます。その中でもおすすめは大沢池にうかべられた龍頭鷁首舟の遊覧です
以前は1500円でお抹茶とお菓子がついて舟遊びができましたが、今は
舟券 1,000円、茶席(観月席) 800円と分かれています

スポンサードリンク

大覚寺の舟券を購入するには

平成27年度の観月の夕べの舟券を購入するには当日並ばなくてはなりません
午後3時ごろを目安に販売が開始されます。
17時台、18時台、19時台、20時台から選べますが、人気の19時台は2時事から並んだほうがいいということです。発売場所は勅使門前舟券売場で、当日販売分が無くなり次第、終了致します。
※状況により時間が変更されたり、整理券が出されることもあるようです
一人4枚まで購入できるので、グループで行った場合誰か一人が並べばいいようです
寺内拝観券は別途有料となりますので
拝観料500円 舟席券 1,000円 五大堂席券800円(お抹茶とお菓子付)となるようです
茶券は17時から五大堂茶券売場で販売されます

大覚寺 大沢池へのアクセス

JR京都駅から【大覚寺行】〈市バス28系統〉〈京都バス71系統〉
阪急四条大宮・地下鉄烏丸から【大覚寺行】〈市バス91系統〉〈京都バス71系統〉
京阪三条から【大覚寺行】〈京都バス61系統〉
JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅 北口下車徒歩約20分
京福電鉄 嵐電嵯峨駅 下車徒歩約20分
問い合わせ先
TEL 075-871-0071
http://www.daikakuji.or.jp/event_season_autumn/

市バス・京都バス「大覚寺」下車、徒歩1分
JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩約15分
京福電鉄「嵐電嵯峨駅」下車、徒歩約20分
⇒大覚寺 大沢池周辺のおすすめスポットを楽天トラベルでチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ