岸和田 だんじり祭りの楽しみ方は?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

岸和田だんじり祭りに一度は行ってみたい!と思っていたのですが、今年こそは行けそうなので楽しみです。
子どもも連れて行くので、安全な鑑賞法を調べておき、安心して楽しみたいと思っています!

スポンサードリンク

岸和田 だんじり祭りの楽しみ方

岸和田だんじり祭りは、2015年は9月19日の土曜日と、20日の日曜日に行われます。
20日日曜日には、「宮入」がある本宮の日なので、19日土曜日よりはとても混雑しそうです。
土曜日も、とても迫力満点の「曳行」と、見どころである交差点での「やりまわし」が楽しめるそうなので、決して見劣りはしません。
土曜日の午後1時ごろ、岸和田商店街からだんじりが飛び出していき、
迫力たっぷりに駆け抜けていくそうで、このパレードはぜひ見ておきたいですね。
日曜日は、「こなから坂」をだんじりが駆け抜け、宮入をする様子が楽しめるので、午前9時ごろまでにスタンバイしましょう。

スポンサードリンク

岸和田 だんじり祭り 安全な鑑賞法

岸和田だんじり祭りは、50万人もの見物人が集まり、とても盛大に盛り上がるお祭りです。
交差点でのやりまわしは、絶対に見ておきたいところなのですが、
やりまわしの際に、遠心力で回り切れずに、見ている人たちの群れに突っ込んでしまうこともあります。
そのため、後ろに逃げ場のない場所での見物は危険です。
そのため、初心者や子連れは、交差点での迫力満点のやりまわしの見物は、できれば避けた方がよさそうです。

岸和田だんじり祭りはカンカン場がおすすめ

だんじりの迫力は、交差点ではなくても十分に味わうことができます。
有名な観賞場所や交差点は混雑するし、人が多くて逃げ場もなく危険なので、普通に道路を走っているところを見れる場所でも十分です。
また、有料観覧席の券を得ておけば、だんじりが見やすくて安全な場所で観覧できるし、
場所取りをする必要もないし、子連れでも安心できそうです。
人気スポット「カンカン場」で、座って見られるので、とてもいいですね!

まとめ

岸和田だんじり祭りは、とても迫力たっぷりのだんじりのやりまわしが見どころなのですが、危険も伴うので、
子連れや初心者の場合は、交差点を避けたり、有料席を取っておくと、とても安心できそうですね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ