みなとこうべ海上花火大会の混雑をさけて鑑賞する方法

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

神戸の花火といえば、「みなとこうべ海上花火大会」がとても人気が高いと聞きましたが、
どんな花火大会なのか、日程や見どころ、混雑状況などを調べてみてから、日程が合えばぜひ行ってみたい!と思っています。

スポンサードリンク

みなとこうべ海上花火大会の概要

みなとこうべ海上花火大会は、兵庫県内では最大の花火大会と言われている、人気の高い花火大会なのだそうですよ。
2015年は、8月8日に行われる予定で、毎年土曜日に開催されているので、地元の方々だけではなく、多くの観光客が集まります。
時間は、夜7時半から、1時間にわたって行われます。
打ち上げ本数は約1万発あるので、かなりの規模ですね!
開催場所は神戸港、アクセスは三ノ宮駅から歩いて20分ほどとなっています。
駐車場はないので要注意です。

みなとこうべ海上花火大会の見どころ

みなとこうべ海上花火大会の見どころといえば、まずは、神戸港で打ち上げられる、海の上での花火大会なので、
海にも花火が映ってとても美しいというところや、
神戸の夜景を背景に花火が打ち上げられるというところ。
もちろん、内容も、尺玉、スターマイン、仕掛け花火と、とても充実しています。
観光客にとっては特に、異国情緒あふれる神戸の雰囲気を味わいながら、神戸の海と一体化した花火まで楽しめるという、
とても贅沢で魅力的な花火大会ですね!

スポンサードリンク

みなとこうべ海上花火大会の混雑状況

みなとこうべ海上花火大会は、毎年、20万人を軽く超えるたくさんの方が観覧しに来るそうです。
メインとなる会場は、メイン会場のメリケンパークやハーバーランドですが、
三ノ宮駅や三宮駅からの行き帰りの道が、ちょっと危険を感じるほど混雑するようなので、注意が必要です。
そのため、「ポートアイランド」など、メイン会場からは少し離れた場所からの観覧の方が、ゆったりと見られそうだし、
行き帰りもストレスを感じずに済みそうですね。

みなとこうべ海上花火大会のまとめ

みなとこうべ海上花火大会は、兵庫を代表する人気の高い花火大会なのですね!
魅力的な神戸の街で、海や夜景と一体化した美しい花火が見られるのは、とても素敵だろうなと思います。
混雑するのがちょっと心配ですが、ちょっと離れたところから賢く見れたらいいなと思いますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ