能代 花火の駐車場やおすすめ場所は?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

今年の夏、東北旅行の計画があるのですが、友人から「能代の花火がすごいよ」と聞き、
いったいどんな花火大会なのかとても気になっています。
花火大会の概要や見どころ、混雑状況、アクセス方法などについて詳しく調べて、日程が合えばぜひ行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

能代の花火の概要

能代の花火は、今年は7月18日の土曜日に行われるとのことです。今年で13回目を迎える花火大会で、
今年のテーマは「能代だよねっ! ハッピーで笑」。
もし雨が降った場合も決行されますが、荒天なら翌日の日曜日、もしくは翌々日の祝日に行われるので、
3連休のいずれかの日には見られそうですね。
会場は、能代港下浜ふ頭に設けられる特設会場で、時間は午後7時半から。
打ち上げられる花火の数は、なんと1万5千発とかなり多いですね!しかも、三尺玉も含まれているとのことです。

能代の花火の見どころ

能代の花火は、全てのプログラムがスターマインで構成されているという、とてもレアな花火大会です。
他にも、三尺玉や、秋田県にある日本の代表的な花火業者による競演幻想花火が見ものですね。
1000メートルを超える、かなり大きなスターマインが今年は楽しめるそうですよ!
水上で、クジャクのように半円を描く、水上花火も楽しみです。
それに、84もの屋台も出るそうなので、お祭り気分もしっかり味わえますね。
お祝いメッセージ花火や、三尺玉願掛けも募集中だそうですよ。

スポンサードリンク

能代の花火の 駐車場やアクセス方法や混雑状況

能代の花火は、能代港下浜ふ頭で行われますが、会場から少し離れた場所に、6000台分もの無料駐車場が設けられ、
そこからシャトルバスで送迎してもらえるそうです。
能代の花火に訪れる人の数は、23万人と、けっこう多いので、やはり混雑はします。
観覧席は、全て有料指定席となっているので、ゆっくりと見るには、有料席を取っておいた方がよさそうです。
インターネットでの先行受付が、すでに5月15日から始まっていて、カップル席がかなり数が少なくなっているとのこと。
一般販売は、6月17日から能代商工会館にて、となっています。

能代の花火のまとめ

能代の花火は、秋田県の能代で行われる、とても大きな花火大会のようですね!
三尺玉や超ワイドスターマイン、水上花火など、見どころもたくさんありそうです。
ぜひ有料指定席のチケットを取っておいて、ゆっくりと見てみたいなと思いますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ