大曲 花火の見物場所の穴場や宿泊は?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

大曲の花火を見に行きたいと思っているのですが、もし有料チケットを取れなかった場合に、
花火を見られる穴場があるのか?や、ホテルをまだとっていないけれどこれからとれるのか、などについて調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

大曲の花火の見どころや時間

2015年の大曲の花火は、8月22日の土曜日に行われます。
昼花火が午後5時半から、夜花火が午後6時50分からと、2部制になっています。
今年のテーマは「『行雲流水』日々新 その先へ」です。
約1万8千発の芸術的な花火が打ち上げられ、人出は70万人ほど、とのこと。
大曲花火の歴史はなんと2世紀以上と言われているので、本当に歴史的にも権威のある花火大会なんですね。
尺玉30連発やワイドスターマインや創造花火など、とにかく内容はかなりの充実度のようですよ。

大曲の花火の見物場所の穴場

大曲の花火には、抽選で有料席を取ることができるのですが、あくまで抽選なので、もし外れたらどうするか?
という事を考えないといけません。
無料観覧席もあるのですが、かなり早い時間から場所取りが必要ですね。
もし、抽選で外れたら、近くのキャンプエリアの予約エリアをゲットしておく、という方法があります。
もしくは、打ち上げ場所の後ろ側にあたる、田畑の広がるエリアのあぜ道が、地元の方々の穴場スポットとなっています。
大曲中学校のあたりや、「姫神公園」なども穴場のようですよ。

スポンサードリンク

大曲の花火の宿泊情報

大曲の花火の日は、とにかく宿がいっぱいになってしまうのが早いようです。
毎年、5月に入るころにはどこも満室になると言われていて、今年は4月中旬頃でもすでに予約が取れなかったみたいです。
これから宿をおさえようと思っても、けっこう難しいみたいですね。
キャンセル待ちをしておいて、キャンセルが出るのを狙うという方法もありますが…。
宿が取れないなら、駐車場を確保の上での車中泊や、キャンプ場でのキャンプなど、という方法しかないかもしれません。

大曲の花火のまとめ

大曲の花火を見るには、有料席を取ったり、宿を取ったりと、けっこう早めから動き始めて、万全の体制を整えないといけませんね!
もし有料席が取れなかったら、穴場スポットをしっかり調べておき、早めにいい場所で待機しておきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ