足立花火大会 デートでの場所取りや楽しみ方は?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`nifty` not found]

めいが、足立花火大会に行きたい、彼氏と見に行くので、
河川敷で正面から見るには何時くらいに行くといいかなとか、
今年は何日に行なわれるのかな?見どころは?と言っているので、調べてアドバイスしたいと思います。

スポンサードリンク

足立花火大会の日程と場所

足立花火大会は、2015年は、7月18日に行われます。
時間は午後7時30分=午後8時30分

最近は、毎年、隅田川花火大会の1週間前の土曜とされているみたいです。
足立花火大会は、荒川河川敷で打ち上げられ、観覧できるのは、正面となる千住側と、反対側の西新井側の河川敷が一般的です。
もう少し離れた場所にも穴場がいくつかありますが、近くから迫力満点に見たいなら、やはりそのどちらかがいいかな、と思います。
もちろん開始時間前からの場所取りが必要ですが、その価値はあると思いますね!

足立花火大会の場所取りについて

千住側の河川敷は、花火を真正面から観られる絶好の場所なので、いい席をとりたいなら、だいたい午後2時くらいから場所取りが必要です。
西新井側の河川敷はそこまで混まないので、あまり場所にこだわらないなら午後4時くらいに行っても場所をとることはできるようです。
せっかく、彼氏と花火を見るなら、千住側のよく見える席が取れるといいですね。
なんでも、1・2週間前から場所取りしてる方もあるとか^^;
でも、あまり早くに場所取りに行くのがつらいようなら、西新井側でちょっとゆったり観るのもいいと思います。

スポンサードリンク

足立花火大会の楽しみ方

足立花火大会の最寄駅は
JR・東京メトロ・東武鉄道・つくばエクスプレス北千住駅または
東武鉄道小菅駅または五反野駅または梅島駅から徒歩15分です。
駅からは人の流れに沿って歩いてくれば 間違いなく会場にはたどり着けます
屋台も出ていますが、河川敷なので屋台と遠いところに場所を取ったら人ごみで買いに行きづらいので
歩いてくる途中に商店街などがありますので、そこで食べ物や飲み物を購入してから会場に行きましょう

もちろん、シートと虫除けスプレーは必須ですよ。
今年の開催は土曜日なので、例年よりも混雑が予想されるので、覚悟して楽しんでください

足立花火大会の見どころ

足立花火大会の見どころは、花火の種類の多さと、規模の大きさ。
一幕から四幕まであるのですが、それぞれ種類が違い、魅力も変わります。
菊の花のように大きく開いたり、複数の花火が一気に開いたり、キラキラと余韻が残ったり、
音楽に合わせて打ち上げられたり。スターマイン、ナイアガラなどはもちろん、様々な花火が楽しめて、感動間違いなし。
打ち上げ本数は、1万2千発とかなり多く、かなりの勢いで次々に開いて行くので、見応えがすごいそうですよ。

足立花火大会のまとめ

足立花火大会は、いろいろな種類の花火があり、1万2千発もの花火が次々と打ち上げられ、迫力満点なので、
彼氏と一緒に、かなり興奮しながら楽しめるのでは?と思います。
ぜひ、いい場所をゲットして、ゴミの始末など、マナーを守って存分に楽しんで欲しいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ